何も変わらない。

最終更新: 2020年3月28日



 日頃から忙しくてなかなかできていなかったことを一気に進められるチャンスがやってきた。そうだ、あいつだ。新型のあいつのせいだ。

 というわけで、最近は急な仕事のキャンセルに合わせて機材のメンテナンスや新しく購入した照明のテスト撮影をしている。

 先日の沖縄ロケのおかげで砂をかぶってしまった機材たちを洗浄し、作業場でゆっくりと時間を費やしてブロアーをかける。それにひと段落すると淹れたてのコーヒーを飲む。沖縄の砂浜に思いを馳せながら、三脚の隙間に入ってしまった砂もひとつひとつ分解して綺麗にしなきゃなと、東京の曇り空を見あげながら考える。しかし、考えているのは三脚や沖縄のことばかりではない。

 

「そうだ、あれを撮ろう」


 思い立ったら吉日。即行動。取り出したるは東京おりがみミュージアムで購入したおりがみ1枚。色は春らしい装いのピンクをセレクト。照明1灯でおりがみと向き合う時間の始まりだ。

 時にはしなやかに、時には凛としたおりがみが見せる(見せていただける)様々な表情にひたすらシャッターをきり続ける。これは求愛なのだろうか?それとも修行?いや答えなんか求めちゃいない。だってこれがしたかったのだから。ずっとしたかったのだから。


 世界は新型のあいつのせいで混沌としている。このまま世界はどうにかなってしまうのだろうか?全く先は見えないが、僕は何も変わらないだろう。なぜならあいつのおかげでできることがたくさんあるのだから。